オトナが純粋に選択できないワケ

今日も数あるブログから遊びにきてくださりありがとうございます。

オトナの頭の中について

前回、人生の選択について書いてみましたが、今日は続きを。子どもたちはガンガン自分の好きを選択するのに、オトナが選択を出来ないワケについて考察していきます。オトナの頭の中は、選択をする時に何をおもうかというと、この選択は 良いか悪いか。これです。しかも、良いか悪いかは自分にとってではなく、自分以外、世間や目の前の人を思い選択していることが多々あります。

どうして世間をみちゃうのか

それは、小さい頃に起因すると考えています。小さなワタシ・ボクは何かを選ぶときに、100パーセント手放しで『それ、いいねー!』といわれた経験より、『え?それを選ぶの?』や『もっとかっこいい方にしなさい』『もっと先生が褒めてくれそうな内容にしなさい』『もっとお給料が高い方にしなさい』『もっと安いオモチャを選びなさい』などなど、オトナの希都合に合わせていました。だから、本当に欲しいものや好きなものを純粋に選ぶことをしなくなり、代わりに先生や親、周りのオトナ受けしたり、外側が喜ぶ選択をするクセがついたのです。だから、何かを選ぶときに世間をみちゃうのですね。

悪いのは親なのか?

では、自分が自分のための選択を出来ないのは親がそうしたから。親がわるいし、自分はもう変わることはできないのかな?というと、違うと断言できます!親は親でやはりそのように育ってきたから、自分の子どもにもそのように伝えるしか方法がなかった、特に昭和の時代はこのようなエネルギーで覆われていました。親も子どもの頃は、理不尽さを感じていたかもしれませんよね。だから、親のせいではないんですよね。仕方ない時代でした。

新しい自分へ

誰のせいでもない。だからこそ、気づいた今から自分を変えることができるんだよね、って思います。自分のための選択ができるときがきたんですから!これって、新しい自分だなぁと感じます。好きなように自分が喜ぶ選択の連続のその先は、、いい未来にきまってる!

オトナが純粋に選択できないワケ

今日もありがとうございました

関連記事

  1. 感情のコントロールとは

  2. 覚悟とは!

  3. 人生が思うようになる思考

  4. 覚悟しよう!

  5. 霊格をあげるとは?

  6. 選ぶ人生

  7. 子宮を枯らさす生き方

  8. 1月26日は大吉日!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。