母とのお別れ

出産予定日1週間前、、、

母が急逝しました。

入院していたものの、回復してきていて
とても元気だったので、夜に病院から
母が亡くなったから来て欲しいと連絡をうけたときは、家族一同頭が混乱しました。
いきなりのお別れ。

私にできるのは、ありったけの感謝の言葉を伝えたのと、最後の清拭。
寝ているように安らかな顔。

母が苦しまないでいてくれたことが、何よりの心の支えとなりました。
お母さんって、すごい存在だったなーと、改めて実感。

お母さんって、本当に太陽みたいだったなーと。

私も二人の子供のお母さんだぁ。
しみじみ、お母さんっていう存在の重要さにきづきました。
母が残してくれたものは数しれずですが、その中でも、やっぱり人とのご縁を沢山残してくれました。

おばあちゃんによくしてもらったから、、らと、ルークのお友達やそのお母さん達が、我がことのように悲しみ、私たち家族を助けてくれました。

いつもどんなときも、ワイドオープン!いつも  いらっしゃーい!とみんなを迎えてくれた母。

愚痴や悪口をいったことのない母。

食べること、旅行、家族、楽しいことが大好きだった母。

母がいなくなり、母に頼りきった家事や育児だったので、我が家はてんてこまい。

そんな私たちを助けてくれる、昔からの友も、新しくお友達になったママ友も、母が残してくれたご縁です。
ルークも、大好きなババの突然の死を
自分なりに受け入れているようですが、
いまだに、ババに会いたい。幽霊でもいいから会いに来て欲しい、といいますし、
ババのご飯が食べたいと
涙を流すことも。
そーだよねー、無条件でルークを愛してくれたんだもんね。
やっぱりちゃんと、愛は伝わってるんだねぇ、、、。

私もまた母の手料理が食べたい。

ママにあいたいな。

母の移行により、
新しい時代の訪れも感じています。

苦労をやめて、
楽しい現実をクリエイトしていく時期が
本当にきたんだなーと。

予定日1週間前に母の移行、
予定日1週間後に出産。

なんとも濃すぎる日々でした。
ルークが母の棺にいれた手紙。

ご飯美味しかったよ!
{0D697970-3A7C-4770-A59D-039A933ED38A:01}

{A433D3D3-342A-44F3-B072-CC7C3F421F79:01}
母が移行し、
私も本当の自立だなーと感じています。
新しい時代を、
軽やかに生きていきます!

ママ、産んでくれてありがとう。
大切に育ててくれて、ありがとう。
大好きだよ。
祐美子

—–

関連記事

  1. お別れ

  2. ある一日の過し方

  3. 頑張ってます

  4. 新月と皆既日食

  5. ビギナーズラックを大切に!

  6. 深まる関係性

  7. ワイン通

  8. 親になったことを実感した日

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。