息子ルークの選択・小学校自主卒業での道!その1

こんにちは

スピリチュアルコーチMIKOTOです
【こころが喜ぶ宇宙的子育て】ブログに来て下さってありがとうございます
今朝は美しい光の朝ですね。
嬉しくなっちゃいます。

今日は息子ルークの決断とそれに伴う私たち家族の
決断、行動についてシェアさせてもらいますね。
ルークが幼稚園のころから大切にしてきた考えの中に、
自分の人生をイキイキと輝かせているオトナがいる空間でルークを過ごさせたい。
というのがありました。
なぜなら、だれと出会うか、何と出会うかで人生が大きく左右する
とすっごく感じているからです。
なので、幼稚園や小学校、習い事に至る、オトナがいる場所は、真贋ひらいてその場を感じていましたし、色々な場所に見学にいったりしました。
ルークは公立小学校に通うことになり通っていましたが、我が家の近くの公立小学校は、伝統を盾に新しい風を吹かせないし、校長先生は着任される方みな、事が好きというより規則をまもらせること、クレームが起きないように、自分の立場が危うくならないように、を最優先にしている様子がうかがえる方々でした。
現場の先生方も、そんな中で小さくなりながら、子供たちと接したような感じでした。
なので、オトナのいうことを聞く人に育てたいなら、こんな最適な環境はないのですが、我が家の考え方とは全く違いますし、ルークの大切な幼少期に共にいて欲しいオトナ達でもなかった為、
わたしは毎日、
『ねえねえ、いつ〇〇小学校卒業するのぉ?』
ときいていたんです。
最初は、お友達と楽しく通っていたルークでしたから、辞めないよーの回答ばかりでした!
しかし、だんだんと、その学校の運営や、先生たちの権力的な振る舞いや発言、授業内容の薄さを疑問に感じてきたルーク。
フィットしないことが増えてきたんです。
そして、4年の二学期の真ん中のある日
『かか、僕、〇〇小学校を卒業しようとおもうよ』
と打ち明けてくました!
おおー!
いよいよ、ルークの人生がはじまるー!!!
さあ、では卒業して
次の道はどうしよう!?
つづく

—–

関連記事

  1. 安心の波に乗るとね

  2. 必需品!

  3. 居場所がなくなる?

  4. 今朝の私のみーつけたはコチラ

  5. 私、大丈夫か?

  6. みられてる!

  7. 思いつきの一日

  8. ウォーキングレッスン参加募集!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。