google-site-verification=4bwX563psRflgJ6f15mKs8jhwI6KQkrLZz9lIPDFaiQ

八ヶ岳 南アルプスこどもの村学園にいきました!

2004年にこの学校の存在をしり、

子供が生まれたら、ぜひこんな学校にいきたい!と

思っていた学校。

管理教育ではなく、子供が自ら考え行動することを

最大限に尊重し、こどもが主役の学校。

私が一番すきなのは、

先生と呼ばない、

先生も発言するときは、手をあげる。

です。

先生と呼ばせないのは、

子供のオトナへの垣根をなくすためだそう。

先生と呼ばれたいひとからは、

教師の尊厳をなくすとか

色々言われたそうですが、

ところがどっこい、

みんなにはオトナへの

尊敬の念がうまれ、

そこから

いい人間関係を築いていけるんだそう。

この日は、来年小学校進学の子供の為に

幼児教室が開かれたので、

申込み期間が切れたのに、ずうずうしく申込み

滑り込みセーフで

参加可能となったのでした。

学園はこんな感じ。

photo:01


photo:02


photo:03


photo:04


photo:05


縦割り形式、授業だって

同じ空間にいるみんなが同じ興味だとは限らないと、

すきな教科を自分で選んで学びます。

そもそも、その日の時間割から、

子供たちで考えます!

先生の意見だて、通らないこと多し!!

子供の視点から考えると

なんてすばらしい学校!

さすが、日本一楽しい学校とうたっているだけある!!

本当にこどもについていくスタンスなので、

オトナの視点だと

オトナの知恵と叡智を求められる環境だと感じました。

子供が大好きなオトナに囲まれて過ごす時間は

とても有意義だと感じます。

さてさて肝心のルーク。

それなりに楽しく、新しいお友達もすぐに作り

校庭を走り回っていました。

こどものむらはいいねーと言ったものの

入学を切望していないのがきになるところ(笑)。

かなりの人気で、すでに来年度の受付は事実上は終了した感じでした。

私は行ったらいいなーとおもうけど、

こればかりは、ルークが選ぶものだと

夫は、私がルークを操作しないように

冷静にみています(笑)。

全ては最善。

これを肝に命じて

ルークの進学を迎えたいと思います!

いやー、いい学校だった。

iPhoneからの投稿—–

関連記事

  1. 〈子育て〉携帯電話の置き場所

  2. 【ありのままな子育て】人と比べても仕方がない

  3. 〈子育て〉入院中の病室にて

  4. 出発前に、、、

  5. 〈子育て〉オモチャ売り場!

  6. ”親業”ってなにかなぁ。。。

  7. カミサマ?

  8. 三人、、、

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。