ポジティブ・アクティブ・ハッピー不登校さん

こんにちはウインク

【こころが喜ぶ宇宙的子育て】実践中のスピリチュアルコーチYUMIKOです
 
 
 
最近ね
 
・元気なのに学校にいかない
 
・クラスメイトとは頻繁に遊んだり会ったりするのに、学校に行かない
 
このようなキッズやティーンが増えていて、嬉しくなっちゃいます!
 
 
私は彼らを
 
ポジティブ・アクティブ・ハッピーさん
 
と呼ばせてもらっています。
 
 
 
小学生でこのような現象がおきると、先生方は、
 
「まずは門までこれたら、いいですよー!」
「保健室にいたら、いいですよー!」
 
と、おっしゃるそうです。
 
これは、学校に来ることが良いことが前提にあることがわかりますし、
 
なにより違和感なのは、
 
学校にいかない人を
 
学校に行けない    =行く能力がない
 
という決めつけを感じることです。
 
 
オトナは大きな勘違いをしています。
 
子供は
学校に行けないのではなく、
行かない  のです。
 
これは似ているようで全く別ものです。
 
では正しくは何かというと、
 
 
彼らは、
学校に行かない  ことを 
自ら選び取っている💓 
 
このことを
オトナは本気で理解しないと、子供たちがどんどん苦しくなる一方なんです。
 
 
 
子供は小さなころから、本能的に
自分で色々なことを選んでいます。
 
子供が未熟で自ら何も選べないと思い込んでいるのは、オトナだけなんだなぁと気づきました。
 
 
そう考えているオトナは、実は、自分の人生を自分で選んでいないケースが多々あります。
 
お母さんが言った通りに、
世間の物差しの通りに、
会社の上司の言う通りに、、、
 
色々ありますが、自分自身で人生を選んでいる人は、選ぶ感覚を分かっているので、自分以外の人が選択する感覚もすんなり受け入れられるみたい。
 
 
 
だから、オトナの人たちに伝えたいです。
 
 
まずは、
自分で自分のこころが喜ぶことを選んでください。
歓びを感じる日々をクリエイトしてください。
 
笑顔の自分って、チャーミングだし、
その笑顔で最愛の家族も幸せを感じますラブ
 
 
 
 
 

 

今日も愛に満ちた一日で幸せでした

 

ありがとうございます

—–

関連記事

  1. 鏡開き

  2. 出逢いは有難い

  3. 新しい領域へ

  4. ハプニング

  5. この暑さだから出来る事!

  6. 遠足!

  7. 久しぶりの夜のドライブ

  8. 一流のスポーツトレーナーの技をご家庭に

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。