ある一日の過し方

私は食べることがダイスキ(=⌒▽⌒=)

しかも、熱いものをハフハフ言って食べるのがサイコー!

仕事が終り、急いで、ルークをお迎えに。

あまり昼寝をしなかった日は、その後私と昼寝モードへ。

オッパイ飲んで、布団でおっかけっこして、

またオッパイ飲んで、眠るパターンのこの頃。

おお、やっと寝てくれたなーと思い、

そーっと彼から離れて、私はランチタイム。

なんにもなかったので、マフィンをトーストし、ハムエッグという

朝食のような昼食。

それでも、ハラヘリの私はウキウキし、ダイスキな紅茶を用意し、

仕事のあとのしばしの休憩GOODと、

出来立ての昼食を一口はくついた。

その時!

ゴロン。

この音の直後に


ふえーーーん



な、ないているではないか!


つか、おきちゃったよ。


もう一度いうが、私は熱々のものを食べるのがスキ。


あ~でも、ルークが泣いている。起きている・・・。


トーストよさようなら。



もう一度ルークが寝てから、テーブルに戻ると、

そこには、カピカピにひからびたハムエッグとコチコチのマフィンがあった。。。。


そして、私はソレを食べる!!

一人冷めたトーストをかじるのです。

やっぱり和食なら冷めても美味しくいただけるわね・・・と

納得するのです。

全て食べ終わったころ、またルークがおきるので、

彼と一緒に遊びます。

そして、夕方になり、日がくれていくのです。

夜、本気モードでルークが寝ると、

やっとほっとして、自分の時間がやってくるのに

私ったら、ルークと一緒に撃沈    σ(^_^;)

そして、朝を迎えるのでした。

だから、なんにも進まない私の仕事!!



—–

関連記事

  1. 即 反応!

  2. ボーダレス・クリエイターズ

  3. ロイヤルコペンハーゲン

  4. ある日の朝食

  5. 頑張ってます

  6. ・・・・

  7. 切符

  8. 《ありのままを大切にする子育て》どんな大人ですかぁ?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。