【ありのままな子育て】人とちがって、それでいい!

赤ちゃんのころ、体重が標準より小さいとかいわれたり、離乳食を規定のグラムをたべないから、もっと食べさせないとかいわれたり、、、

こんな経験ないかい?
基準はあくまでも基準。それを外れたからって、なんか悪いの?
基準だからいいの?
数字を追うより、ご機嫌よく過ごせていることの方がうんと大切なんじゃないかなぁ。
だって、そういう基準ができるより前から子育てはあったんだし。
基準や標準を表すとさ、なんか知ってる気になるから、みんなそういうんだよー。
ちいさくても、たべなくても大丈夫!
子どもが一番自分のことを分かっているんだから、親や周りが心配のエネルギーを降り注がないでね。
子どもに必要なのは、安心安全💓
これでいい💓
大好きだよー💓
の愛のエネルギー!
幼稚園で、みんなが座っているのに、自分の子だけどっかいっちゃって、先生に叱られたり、周りのお母さんから白い目でみられたことなぁい?
いいじゃん!
本来子どもは動くもの!見るもの全てに興味があり、触ってみたり近づいてみたくなるものなんだよー。
当たり前の姿です!
心配なんていらないよ。
オトナに支配されたることをよしとした魂は、そうやっていうことを聞いてる、ってだけ。どっちが良くてどっか悪いはないよー。
じっとしてる子どもの数が多いから目立つだけ!
これさー、逆だったら?
お宅のおこさん、じっとしてるんです。
色々興味示さないので、しかりました!
とか、
あの子、動かないのよー、いやねー。とか周りのお母さんはいうのかな(笑)?
そんで、それが、自分のこなら、動きなさいってゲキとばすのかねー。
なんかわらえるー!
お母さん、、、
自分の子どもが人とちがっても、元気なくさないで欲しいな。
自分で選び行動してるんだから、すごいんだよ。
みんなで同じ時間に同じことしたい、なんてあり得ないよ(笑)。
本当は、工作やりたいこや、お絵描きしたいこ、かけっこしたいこ、様々なんだよ。それを、昔からのやり方でじゅっぱひとからげの教育方針として子どもに強いてるだけだからー!
同じ時間に別々のことをするのをサポートするのは、オトナにその力量がないとムリなんだなぁ。
力量あるオトナが増えるといいね。
人と同じに生きるより、
自分の時間、自分の道を生きて欲しい。
私はそんな風におもってます!
さあ、今日も自分の道をあるこう!!
寝返りできるようになった、ハッスル娘を置いて(笑)シャワーしょっと!

—–

関連記事

  1. 久しぶりの旅気分

  2. 減塩生活!

  3. お願いごと

  4. 全てに優しさをこめよう

  5. 1年生男子! 真夜中の様子

  6. 光をみることの意味・続編

  7. 好きなテイスト!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。