『どうして自分を大切にしなくちゃいけないのですか?』というご質問についてお話しさせてください!

またまたお久しぶりですいません! 

20年以上スピリチュアルな側面からみなさまの人生をサポートさせていただいているのですが、お会いしたほとんどの方に

ご自分を労わってください❤️

と、お伝えしています

そして、タイトルのようなご質問も当然ながらいただきますので、今日はこちらについてお話しさせていただきたいなあと思います

私がスピリチュアルなメンターをはじめるときに

大いなる存在からもらったメッセージはこうです。

人の魂は球体だとイメージしてください。しかし、一部が欠けているのです。それはどのようにしたら埋まるかわかりますか?それは自分を自分で愛したときに埋まるのです。自分で自分を愛したら、まんまる球体となりバランスがとれるのです

これを聞いた私は、当時は目からウロコでございました。そーかー!確かに私自身も人から褒めていただいても埋まらない満足感があったあと思い出したのです。そして、この真実をご縁ある方にお伝えし、少しでもラクに楽しい気分で人生を整えて幸せになっていただけたらいいな、、、という想いで、みなさまにお伝えしています。

私が伝えるスピリチュアルは宗教だけを特定した意味ではありません。そのように表記される場合もありますが私が伝えたいスピリチュアルとは、人間の中にある精神的な感性です。聖神性と言った方が分かりやすいかもしれないですね。自分の中のスピリチュアリティーを高める学びがスピリチュアルな生き方だと思っています。

何かを身につけたり、どこかのパワースポットにいくことだけがスピリチュアルな生き方ではなく、むしろモノや場所、他人に依存した生き方はスピリチュアルな生き方とは離れていくように思います。

話しがスピリチュアルの定義にずれちゃってすいません!戻します!

自分を大切にすることは自分の魂を磨く大切な行いだと、大いなる存在から教わってからは、モノや他人が自分を愛したり大切にしてくれたり、労わってくれることを望むより、自分で勝手に自分を労り大切にするのが、気楽で楽しいことに気づいた時期がありました。そして自分を労わる気持ちを持ち続けていたら、自然と運気が開いていくことを体験し続けて今に至ります。

こうしてあなたが自分を大切にすると、内側から整うのですが、更に嬉しいことに、内側の整ったバイブレーションが自分の外側にも響き、あなたを大切にしてくれる人と引き合うという、宇宙の法則も働き始めるの!あ!もちろんこの宇宙の法則は真逆にも働きます。自分を自分でさげすんだり、判断したり、傷つけたり,バカにしていたり、過小評価していたら、その内側のバイブレーションが外側に響き、あなたに嫌な気分を与える人や自分をさげすんだり、ジャッジしてくる人との出会いが多くなります!

つまり、あなたが生きる世界が変わります!

人は互いに大切にしあったり、尊重しあうと、更にこの満ち足りた気持ちを分けたいとおもう生き物よね。そうして、尊重や愛、感謝の気持ちって、出しても出してもなくなることがないんです。あなたの発する愛や尊重、感謝のバイブレーションが同じバイブレーションを引き寄せていくから,出しても出しても増えつづける!

自分を大切にすると、こんな世界がはじまるの。

そうなんです、あなたが生きる世界は自分で創れるし選べるのです。私がそうしたように。私にも出来たのだから誰にだってできます!

自分を大切にしなくちゃ、ダメ!

というより、自分を大切にするとアラ不思議!な位人生が豊かで最短距離で思う人生になるから、安心したい方や幸せを感じたい方は、是非やってみて欲しいのです!

自分の魂を磨くことは実は辛い修行ではなく自愛だったのだと、つくづく感じています。

自分と自分の大切な方を幸せにするスピリチュアルメンター育成アカデミーでも、三ヶ月の間、何百回も自分を大切にすることを自問自答し実践していただくほど、自分を大切にすることは、重要!!だと思って居ます!

あら!私も自分を大切にしてみたい!とお感じの方、いますぐ自分をねぎらう気持ちとその行動をしてみてください!まずは1週間続けてみてね!何か変化があれば、よかったらコメントください!

長々と読んでくれてありがとう!

関連記事

  1. ご先祖様の名前、知っていますか?

  2. 豊かな人に共通すること

  3. 一粒万倍日and満月

  4. 答えを求めないでうごく

  5. ツナグアカデミーで得られること(スピリチュアル初級はインスタライブでお…

  6. 大黒様と恵比寿が私にいうんです、、だから恥ずかしいけどブログで書きます…

  7. 夏至直前 人生開運ツアー開催します!

  8. 自分を愛でる。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。